3dプリンターで金属類の物を作りましょう

多くの人が贈り物を何にするかを迷っていて、何を渡せば良いのか迷う理由は相手に喜ばれるか、失礼ではないかなどたくさんのことが頭の中を駆け巡り、何も渡せなくなってしまいます。考えすぎて何も渡せないのが一番避けなければいけないことで、最低でも相手に何かは渡せば、貰った人は嬉しい気持ちになります。物は重要ではなく、渡すことが大切で、ここを間違えている人がたくさんいます。そしてさらに嬉しいのは手作りで、これは自分が相手のために苦労した気持ちも一緒に渡すことができ、相手も「自分のために作ってくれた」という感慨深い気持ちになります。そのために3dプリンターを購入して、これで金属の物を作ることができ、アクセサリーを相手に渡すことができます。自分が考えたアイデアで作れるので、相手に渡す以外にも自分のために作ることもできます。

3dプリンターと将来の金属の可能性

家庭用にも3dプリンターが登場し、ノベルティグッズなどを自宅で製作できるようになりました。同人活動などでゲームやアニメを作っている人が、ファングッズとして自作でキーホルダーをはじめとしたグッズを作ることが簡単でリーズナブルになっています。また、工業用としても利用されることが増え、作業の効率化が図れるようになりました。医療用としても利用されることが増え、骨や歯などを短時間で制作し、体内で長年使い続けられるようになるといわれています。しかし、金属など工業部分はどうでしょうか。ここ数年で粉末の低価格3Dプリンターが登場したりと、金属部分でも加工を容易になってきました。家庭用の導入はまだ先ですが、今後数十年のうちに家庭用でも金属加工を行い、大型の加工が可能となっているものが増えてくると予想されています。

3dプリンターで金属素材のアクセサリーが作れる

3dプリンターはデータ上にしかない仮想の物体を実現化してくれる機械です。材料に固形のプラスチックや液状の樹脂やワックスなどを使うものから、金属素材が使えるものまで様々あります。今、世界中のデザイナーから注目されているのが、金属3dプリンターを使って制作されたジュエリーやアクセサリーです。熟練した職人の技術は必要なく、モデリングソフトと3dプリンターさえあれば、凝ったデザインのアクセサリーが作れます。「ロフトワックス」と呼ばれる造形方法で、コンピュータで作ったデジタルデータを出力しワックス樹脂で原型を取り、石膏で固め、鋳型を取ります。数時間加熱し、ワックス樹脂が溶けたら鋳型の空洞に金属を流し込むという方法です。見た目も強度も従来のアクセサリーと変わらず、繊細なデザインを楽しめます。モデリングができない人は簡単にプリントできるアプリを利用すれば、オリジナルアクセサリーを作ることもできますよ。

東急田園都市線 梶が谷駅より徒歩7分。駐車スペースもございます。 3Dプリンター導入~運用までトータルでサポート。日本一の保有台数と運用実績を誇っています。 弊社事業のお問い合わせはお気軽にどうぞ。 40台の3Dプリンターを保有し、試作支援・受託製造も行っております。 100社160台以上の3Dプリンター導入実績。 日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラー。 3dプリンター販売。金属3Dプリント受託製造

Blog Home